カジノで有効なバカラの必勝法は資金管理?

  

バカラはカジノゲームの1つで、昔からアジアを中心に根強い人気があります。人気の理由はルールの簡明さや勝負時間の短さにあります。手軽に楽しめてテンポ良くゲームを進められるのです。オンラインでの練習ならベラジョンカジノが初心者にも分かりやすくていいでしょう。バカラはプレイヤーとバンカーに配られたカードの数字を合計し、その数字の下一桁が9に近い方が勝ちとなるゲームで、引き分けの場合はタイとなります。ゲームの参加者はプレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか、またはタイになるかを予想してベッドするわけです。

単純に数字が大きいか小さいかの勝負なので、タイを除けば勝率は50%です。ですからブラックジャックやポーカーのように、配られたカードの強弱で確率が変動する事はありません。つまり、攻略する為の技術やテクニック等は存在しない事になります。では、バカラの必勝法はないのか?と問われると答えはノーとは言い切れません。資金管理を徹底すれば負けにくい状況を作り出せるからです。

資金管理とはベッドの枚数を状況に応じて変える事を指します。この資金管理で最も有名な方法はマーチンゲール法でしょう。ルールは単純で、負けたら掛け金を2倍にして行けばいいのです。しかし、この方法が有効なのは資金が無限にある場合のみです。何故なら連敗すると掛け金が指数関数的に増大して資金が足りなくなる恐れがあるからです。ですからカジノで利用されている方法はこのマーチンゲール法を応用した物が一般的で、掛け金を「1、1、2、3」や「1、2、3、1」、「1、2、3、2、1」といったように数列的な試行で増減させる方法が利用されています。

この数列的な試行方法にはモンテカルロ法、ウィナーズ法、バーネット法など様々な方法があります。これらが必勝法と言えるかどうかは難しいところですが、まず負けにくい状況を作るのが勝負の鉄則の1つである事には変わりはありません。最終的な収支をプラスにするには、勝ち始めた時点での損失が最小限に抑えられていなければならないからです。カジノで安定した利益を得るには資金管理も必勝法の重要な1要素になるわけですから、この資金管理法を事前に習得しておく事は有効であると言えるでしょう。