日本におけるカジノの必要性

  

日本でもカジノ法案が成立したことで日本人が堂々とカジノに参加できる時代を迎えました。世論調査では多くの人がカジノに対する抵抗がある様子が明らかにされ、本当に必要なのかという声もあるほどです。必要性を疑われるケースもありますが、実際に考えた際に日本にカジノは必要であると言えます。

その1つに税収の確保が考えられます。日本で導入されるカジノでは、ターゲット層が中国人などのアジアのお客さんと日本の富裕層になっているとされ、一般庶民には関係のない世界となっています。これは入場するだけでお金がとられ、大勝負をするにはややハードルが高い環境にあるためで、最初からカジノで大きく儲けたい人を相手にする可能性があります。1000万円単位でお金を持ってきて、それを数倍にするような感覚で勝負したい人に来てもらえる環境にしていくことで税収を確保するのが狙いです。

必要性という点では、富裕層から多くの税収を得たい要素があることからしても庶民から税金をとれないならお金持ちからとれというのもあるため十分に必要なものと言えます。もちろん、カジノとはどういうものかを庶民が楽しむことも大事であり、いわば晴れの舞台に行ってみる、大人の社交場に出かけてみる感覚で足を運ぶのも面白いです。

世界水準の遊び場が日本にもできるということを考えれば十分にその必要性はあると言えます。もちろん、様々な問題が指摘されていますが、全国で行えるようにするためには初動の対応だけは間違えないようにしないといけません。だからこそ、何も問題を起こさないように必死になることは当然であり、国民がそこまで心配をしなくても最初から何らかの対策は講じると思われます。