東京カジノプロジェクトの大富豪のルール

  

東京カジノプロジェクトに大富豪が新しいカードゲームとして追加されました。このカードゲームは定番のパーティーゲームですが、東京カジノプロジェクトにも公開されているのです。大富豪には様々なハウスルールなどといった派生ルールがたくさん存在するため正式に決められているルールを前もって知っておく必要があります。カジノルールはベラジョンカジノなどでカジノを楽しみながら詳しく知ることができますね。

ルールは、場に出されたカードより強いカード場に出していくというものです。手に持っているカードが先に無くすことができた人が勝ちとなります。4名でゲームを行ったときにはカードが無くなった順番に1位が大富豪で2位が富豪、3位が貧民、最下位が大貧民というような階級に分けられます。カードの強さについてはジョーカーが1番強くその次に強いのが2のカードで3が1番弱いカードです。

一般的なカードゲームでは2のカードが最も弱いカードになっていることが多いですが、このカードゲームの場合はジョーカーの次に強いカードとなっているので注意する必要があります。場にカードを出す方法としては1枚出しだけではなく、複数出しという方法や階段出しという方法があるのです。複数出しの場合は数字が同じカードを2枚以上同時に場に出すことが出来ます。

階段出しは数字が連なっている3枚以上のカードを場に出すことが可能です。数字が同じ4枚のカードを場に出すと革命が起こります。革命が発生したときにはカードの強さがジョーカーを除いて逆転するので2のカードが最も弱いカードになりジョーカーの次に強いカードが3のカードになるのです。以上が定番のルールとなります。このルールを前もって知っておけば、東京カジノプロジェクトに大富豪が追加されてもすんなりゲームを楽しむことが可能です。