カジノ法案が成立し建設予定地には

  

いわゆるカジノ法案が成立し、これから日本のギャンブルの行方に関心が高まっていきます。そうした時に一体カジノの建設予定地と言われているところは幾つかありますが、どこに作られていくのかということになっていきます。カジノ法案と聞くとまるでそれはカジノだけと勘違いされますが、それは国際会議場、展示会などを含んだMICE施設をはじめ、ホテル、劇場、映画館、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設などの一角にカジノがあるという複合観光施設ができることです。

なぜこのような施設を作るのかは外国人観光客誘致にあります。人口が年々減少している日本の経済を活性化させるためには多くの観光客を虜にするような施設が必要だと感じられたのです。その建設予定地となっているのは現在海外からのアクセスなどのこともあり、立地に前向きとなっている建設予定地に手を挙げているのは、北海道、東京都、神奈川県、大阪府、和歌山県、宮崎県、長崎県、沖縄県があります。

今、特に積極的に建設予定地の誘致を考えているところに大阪府があります。場所も夢洲で2025年の万博誘致に力を入れている大阪は人口島で土地も100haを超える広大であることもあり前向きです。横浜の山下ふ頭や、東京のお台場なども有力な候補地となったいます。たくさんの地域が名乗りを上げていますが、実際に日本にカジノはいつ頃出来るのだろうかというと、多くの意見では2025年頃ではないだろうかと言われています。実際に日本にカジノができるのを楽しみにしている人たちは多いです。これまでは外国で楽しんできたのが日本でできるようになると言葉の不自由もなく、気軽にいつでも行けるところで国際交流もできるからです。