水の美味しさを伝えるランディングページ

  

ランディングページにて水の記載をする場合には、シンプルなものになりすぎないように配慮しましょう。無色透明な水に、シンプルなラベルが貼られており、ページはカラーを使う場面が少なくなると考えられます。水には種類があり特徴を記載することが大切です。どんなものが体に合うのか分からないという方のために、一覧を掲載しても良いかもしれません。選ぶポイントをまとめた表と、価格を照らし合わせることができればなお良いでしょう。採取された場所により味が違うと言われています。水が好きで詳しい方などは、ランディングページに水と表示されただけで大きな期待を持ってくれるかもしれません。チャンスを逃さないように、大切なところをしっかりとまとめておきましょう。

様々な種類がありますが、中でも売り出したい商品をいくつか掲載します。他と違うのはどんな点なのかを書き出します。おすすめポイントと飲み方など面白い記事内容を掲載しても良いでしょう。好きな方はもちろん、そうでない方でも入りやすい内容になります。飲み方は例えば、冷やさないでそのまま飲むとか、味があるのでジュース代わりとか、そういった面白みのある文章にすることで、興味を持ってもらうことができます。無色透明ですから、どんなスクリーンショットを載せてもパッとしません。動画の方が美味しさが伝わるのかもしれません。おいしく飲んでいるモデルを起用し、様々な言葉を当てはめます。偽りがあってはいけませんが、それほど美味しいという例えはぜひ使って行きたいところです。透明なので味が想像しにくい難点があります。動画を通して、読み手にうまく伝わるよう工夫してみましょう。

ランディングページからホームページへ移行してもらうには、価格をしっかりと記載しておかなければなりません。ランディングページで価格を確認し、少し高いと思えばその先へは進むことはないでしょう。しかしこれも書き方です。全体的に高めの商品も、高い商品の中に少しだけ安い商品を入れると、錯覚で安いと思い込んでしまいます。実際に商品を買うまでには至らないのでここでの利益はありませんが、価格が安いとホームページを覗いてくれるかもしれません。水なので、蛇口からも普通にでますしコンビニで簡単に買うこともできます。しかしここで買えばこんなメリットがある、こんなに美味しいものが飲めるという喜びを伝えることができれば、ランディングページとしては非常に良い、と言えるのではないでしょうか。