無料で作成したランディングページを比較するとわかること

  

WEBビジネスを進めていく中で、避けては通れないのがランディングページの作成です。ホームページとは異なり、ある商品やサービスを制約することに特化したサイトを構築するには、その趣旨をしっかりと理解して作り始めることが大切であり、まず、最初にターゲットを絞り込まなければなりません。性別、年齢層はもちろん、既婚者か否か、子供の有無など、絞り込めるなら、徹底的に絞り込むことが大切です。中には、絞り込み過ぎると、集客が困難になると考える人もいますが、高い属性を持っているのであれば集客数は関係ありません。大切なのは販売率であり、それを向上させるためには、ユーザーの不安を払拭し、絞り込んだ見込み客に、解決解決に役立ったと思ってもらうことが大切です。

一般的なランディングページの構成は、1ページ、1カラムで作成され、極力、余分なものを排除し、ユーザーがその商品やサービスの説明文に集中しやすい構成とします。まず冒頭には、商品の特徴を表すセールスコピーや販売者からのメッセージを記載し、どういったサイトなのかを示して、怪しいサイトでないことをアピールします。特に、食品販売であれば、生産者の顔写真の入ったコメントを付け加えることによって、信頼度はアップしまず。本文の構成は、問題提起、対応策の提供、対応策に関連する自社製品の説明といった3点を基本として成り立っています。ここに、ユーザーの心に残るよう、動画や画像、同じカテゴリーの商品との比較表などを散りばめると良いでしょう。そして何より大切なのがセールスコピーライティングです。印象的なコピーライティングが伴えば、飛躍的に売り上げを伸ばすことができるのです。

ワードプレスの普及により、初心者でも無料でランディングページが作成できるようになりましたが、売れるランディングページが作れているかというと、かなり苦戦しているのが実情です。そこで、今話題のHPとセールスコピーライティングを学ぶ人も出てきています。これは、ネットを通じて自分が作成したランディングページを添削してもらったり、効果的なセールスコピーライティングを基礎から教わったりするものです。さすがに無料というわけにはいきませんが、基礎から学んだものと、独学のものを比較すると、その違いは一目瞭然です。一度、基礎から学んでしまえば、成果の上がるライティングページが量産できるのですから、先行投資と割り切ってしっかりと学ぶのも良い方法です。