ランディングページのデザインで重要なことは

  

ランディングページは、特定の商品を売るために作られる着地ページのことです。これを作るのは、一般的なホームページとは異なり、単に商品のイメージを伝えるのみならず、購入に結び付けるためです。そのため、デザインも、その目的を達成することができるデザインとなっていなければなりません。特徴としては、ホームページは一枚のページのみになります。そこに情報を詰め込み、商品の購入につなげてもらう必要がありますから、情報量がどうしても多くなります。また、余計なリンクは貼りません。直接商品の購入をしてもらいたいなら、逃げ道を作ってしまってはいけないからです。そのため、あるとしても商品の購入のためのページへのリンクや、問い合わせのためのページへのリンクがある程度です。逃げ道をなくせば、それによって回避されることを防げるわけです。

ランディングページの特徴は以上ですが、もちろんそれだけでいいわけではありません。直接商品の購入につなげるためには、商品の魅力をきちんと伝えていかなければなりません。また、他の商品ではなく、それでなくてはならない理由もしっかりと提示する必要があります。単純に情報を網羅しただけでは、その点をうまく伝えることができませんし、かえって閲覧者が情報を消化することができなくなり、直接の売り上げにつなげることは難しくなります。そのため、ランディングページは情報量が多くても、それをすべて理解してもらえるわかりやすい構成にしなくてはなりません。つまり、消費者の目線に立って、それを見てほしいと思えるに至るまで情報をしっかりと、わかりやすく提示することが、ランディングページのデザインには求められています。

具体的には、文字のみを利用するのではなく、絵や写真といった視覚的な情報を多用することや、フォントを適宜変更すること、などがテクニックとして挙げられます。つまり、メリハリをつけることが重要となります。だらだらと長い文章では、見ている人は途中で苦痛になってしまい、見るのをやめてしまいます。そうなると、売上につなげることはできません。また、メリハリのついていない文章の場合、たとえ最後まで情報を読んでもらうことができたとしても、その情報を消化しきれず、魅力を感じてもらえないという事態も起こりえます。メリハリをしっかりとつけて置けば、そうした事態を避けることができ、ランディングページの目的である商品の購入につなげることができます。