ランディングページでの英語使用について

  

グローバル社会である現代、世界中の国と関わり合いを持ちながら仕事をする機会が増えています。英語は世界語と言うように、英語さえしっかりしていれば企業や商品を売り出すことは可能です。ランディングページについても同じで、日本語だけでなく世界に通用する言葉を使用することで、よりスムーズに海外への仕事の幅を広げていくことができます。海外には様々な言葉を使う方たちがいるので、誰が読んでも伝わる生きた言葉を使用しましょう。

ランディングページを英語で作成するといっても、それは容易なことではありません。生きた英語にほとんど触れてこなかった方では、日本的な英語を使用してしまう可能性があります。日本では通用する言葉でも、海外では意味が通らない場合があり、せっかくのページを無駄にしてしまうかもしれません。ページ作成のポイントは短くシンプルに分かりやすく表現することと、スクリーンショットや動画を多く載せることです。日本のランディングページは少し長めなのです。日本人特有の回りくどさが現れてしまっています。海外ではあまり好まれない手法のようなので、言いたいことだけを端的にまとめるのが良いでしょう。分かりやすくまとめるには、言葉よりも写真を使用した方が良いので、綺麗なスクリーンショットをのせることは最適であると言えます。音楽を活用するなど工夫をするとより取り込みやすくなるでしょう。デザイン制を重視し明るい雰囲気を作り出すことは重要です。黒や白など無難な色使いをしてしまいがちですが、写真でアピールする場合には周りのデザインを向上させなければなりません。写真とデザインは一体性がなければならず、ただ明るければ良いわけでもありません。例えば化粧品を売り出す場合、写真や動画を載せ、音楽とともにその変化を載せることは、面白みがあり興味を惹かれることでしょう。化粧品をジャンルごと色分けして掲載することも見やすさを倍増させます。

英語を使用したページでは、意味が通じない言葉を使うよりも、見るだけで伝わるような写真を載せる方法が効果的です。視覚的に働きかけることで想像しやすくなります。詳細なテキストはなるべく省きましょう。細かい説明はホームページなどにのせるだけで十分です。機能を紹介したい場合も、特徴や働きもアイコンなどを使用することで、より簡単に仕上げましょう。日本語を使用しない場合は十分に注意しながら作成しましょう。