ランディングページ制作にアナリティクスが必要な理由

  

通販サイトなどを運用する場合、スマホに対応することは重要な課題です。SEO対策でもスマホに対応したサイトは高く評価されるからです。そこで自社にその技術がない場合には、ホームページの制作会社に委託することになります。その際の会社選びには、アナリティクスを活用できる技術を持つところを探すことが大切です。これはランディングページが効果的に機能しているかどうかをチェックすることができるからです。特にスマホでサイトを訪問する人は、ちょっとした空き時間を利用することになります。そのために少ない時間で的確に求められる情報を提供できるように、ユーザーが訪問してからどのようなアクションを起こしているのかを分析することが必要になります。

ランディングページはアナリティクスによって、直帰率や購入などのアクションを起こす割合、あるいはサイトを訪問してからどのくらいのアクションでランディングページにたどり着いているのかを調べることができます。あまりに速くランディングページへ移ってしまうと、十分な情報を提供することができません。その結果、最終的な購入の判断は下せずにサイトから離脱してしまうことになります。そこでサイト内のコンテンツをどのように構築すれば良いのかを検討する必要があることが分かります。アナリティクスを利用しデータ分析を行うことで、どのような課題があるのかを見つけ出すことができます。そして解決策を立てて実行し、さらに訪問者のアクションを分析するという作業を繰り返すことになります。

スマホのサイトはパソコンのサイトとは異なる分析が必要になります。多くの場合、ユーザーは移動時間などを利用して訪問しているからです。またSEO対策もスマホ用に考える必要があります。検索にかけるキーワードは打ち込みやすいものが選ばれますし、複数のキーワードの組み合わせをどのようにするのかによって、訪問者の属性も変わることになります。そこでサイトの売り上げにつながるターゲットはどのような属性なのかも調べる必要があります。これはどんなキーワードでアクセスしてくるのか、それが購入にどのようにつながるのかを調べるというわけです。このような観点から、アナリティクスに関する高い技術を持つ会社を選ぶことが必要であると分かります。高い分析力と解決能力を持つスタッフがいる会社を探すことによって、売り上げの増加を見込みことができます。