ランディングページは見出しのデザインで効果がほぼ決まる

  

サイトのアクセス数を増やす重要な方法として、ランディングページがあります。ランディングページはバナー広告など様々な広告媒体からリンクをすることでよりサイドのイメージをつかみやすく、またサイトに誘導する際の予備知識を利用者に与える上で非常に重要な位置づけのものとなります。そのためランディングページの中に様々な情報をついつい入れてしまいたくなるものですが、デザインや見出しに充分に注意しないとサイトへの誘導に失敗し、アクセス数を増やすことができなくなるため注意が必要です。

ランディングページのデザインは、必要な情報を利用者に与え、これらの情報を予備知識として利用者が得た後で最下部でサイトに誘導すると言う方法が一般的です。この際に、必要最小限の情報だけを提示し、これらの情報だけでサイトの概要が理解できるようにしっかりと見出しを構成することが重要になります。逆に見出しだけをチェックしてサイトへのアクセスを決めると言う利用者も多いため、この内容だけで充分に利用者にインパクトを与えることが必要になるのです。しかし多くの場合にはできるだけ多くの情報を与えようとしてランディングページの内容が非常に多くなってしまうことも多く、この場合にはランディングページが非常に読み応えのあるものとなってしまい、利用者はこのページだけで満足してサイトに移動しないと言う結果になってしまうこともあるので注意が必要です。

また制作者の中にはサイトへのリンクをページの上部に設置し、すぐにサイトへの誘導を試みようとする人もいますが、この場合には予備知識がない状態でサイトへのリンクが表示されるためほとんどの利用者は詐欺サイトや偽サイトといった類のものであると警戒をしてしまうことも多く、逆にサイトに来訪しないと言う結果を招くとこともあります。そのためランディングページにおいては十分な説明を行うことが重要ですが、同時に見出しだけで簡単に内容が理解でき、かつサイトに対して良いイメージを与えるような文章を作成することが非常に重要です。これは商品を販売する通販サイトにおいては非常に重要な要素であり、特に同じ商品を様々なサイトで販売される傾向の強い健康食品のHPと広告運用においては必要不可欠な要素となります。健康食品の場合にはしっかりとした説明をランディングページ上で行わないと様々な問題を生じる恐れもあり、そのデザインを重視しながら見出しについて十分に検討し作成することが効果的なサイトへの誘導を行う秘訣となるのです。