ランディングページ集めましたというサイトは比較できて面白い

  

ランディングページを見て回っていると、ランディングページを集めましたというサイトが多くあることに気づきます。集めることによりメリットが存在するからです。一つのページだけでは、そこで扱っている商品の良さしか分かりませんが、同じ類のサイトをいくつかまとめると、比較することができ、物事を違う視点で見られるようになります。読み手にとってはありがたいサイトであり、ページを作成した側からしても訪問者が増えるので、まさにメリットだらけなのです。集めるサイトのジャンルは特に問われないので、読み手の興味をひきそうなものや人気のものなどが集められています。ランディングページは商品を紹介するだけのページではなく、サイトも紹介できる効率的なページなのです。

今話題のホームページと広告運用が同時にできてしまう点が素晴らしいと言えます。ランディングページではいくつかのサイトが表示されますが、どれも広告運用性は低いと考えられます。検索をかけて、とりあえず出てきた最初の方のページを見ることになります。探しているものがどこに掲載されているのかも分かりませんし、探すために時間を費やすのが無駄な苦労だと思っているからです。誰もが思うことで、検索にかける時間はなるべく短くしたいものです。集めましたというページには、多かれ少なかれ同じジャンルのランディングページが集まっています。先に述べたような悩みも解決されますし、探しているものも見つかるので一石二鳥なのです。集めたランディングページを作成する側は、どのサイトも分け隔てなく掲載しなければなりません。掲載方法としては、サイトのメリットデメリットを紹介し、ちょっとしたスクリーンショットなどをのせることでしょうか。どこのサイトもさほど変わらないと思うような読み手には、スクリーンショットは効果的です。文章ではなくこれだけで判断をする人もいます。サイト内での主な商品は必ず説明しなければなりませんが、比較サイトのようなもので、作成側も楽しんで作ることができます。

ランディングページがランディングページをまとめる、非常に面白いページです。比較することで、自分なりの商品の良さを見出すことができます。もちろん広告効果も絶大で、比較をするために頭の中に残ります。覚えていればいつでもホームページに行けるので、多額の費用と時間、労力を費やして宣伝をするより効果的とも考えられます。