カジノ法案の成立によって規制も変わる

  

カジノ法案の成立によって今後規制も変わってくる事になる事がかんがえられます。少なくともカジノが違法という事では無くなったわけですから、まずこれで規制が緩和されたことは間違いありません。ただ、現状はまだ統合型リゾート施設でのカジノが合法という事になっただけで、これまでのようにギャンブルが禁止であるという事に変わりはない。ですが、方向性としてカジノが合法になったことでネットカジノも出来るようになる可能性は高くなったという事も言えるでしょうし、ギャンブルが禁止ではなくなる可能性も高くなったという事になるのかもしれません。

既に規制をしようがしまいが、今の日本がギャンブル大国だという事は世界が認める事実になっていて、なんとパチンコの売り上げはあのラスベガスをもしのぐ売り上げになっているわけですから、これでギャンブル禁止というのはあまりにも虫がよすぎるというか、名目に過ぎないという事がいえるはずです。そして、今回のオリンピックの招致に合わせてカジノも合法という事になりましたから、これで禁止されているギャンブルの方が少なくなってきたという事になるのかもしれません。

日本の考え方として自己責任でやるのだから問題ないというのがこの根底にあると考えて良いでしょう。自分の財産をどのように使用するのかという事については、他人がどうこう言うような事ではないのです。依存症というような症状を危惧する人もいますがねそれは自己責任でやらなければどうしようもありません。病気になるからといって外に行かないし、仕事もしないというのでは何も話が進まないという事は明白で、ギャンブルはあくまで自己責任で考えるしかないと言えるでしょう。