スマートフォン対応の売れるランディングページ集めました

  

パソコンとスマートフォンでは画面サイズが異なります。
ランディングページを制作する時には、パソコンとスマートフォンでは視野範囲が異なるため、制作においての工夫が重要です。
ネットで「ランディングページ集めました」などの宣伝を行っているウェブサイトは、これからランディングページ制作を検討する企業担当者にお勧めの制作事例サイトと言えましょう。
ちなみに、「ランディングページ集めました」のサイト内には、多種多様なランディングページが集結しています。
普通は、それぞれのランディングページにアクセスしなければ見る事が出来ない、ランディングページデザインをまとめて見る事が出来るメリットもあります。
尚、検索キーワードに、「ランディングページ集めました」と入力すれば、ランディングページデザインをまとめて閲覧が出来る、サムネイルになっている画像をクリックすると、本家のランディングページが開くようになっています。

今話題のHPと作成事例について。
ランディングページには広告としての役割を持つウェブページ、特定ユーザーを集客出来るウェブページなどの特徴があります。
リスティング広告をクリックして表示されるのがランディングページ、リスティング広告は興味関心を持つユーザーがクリックしてくれる可能性があるなどの特徴も持っています。
スマートフォンでアクセス可能なリスティング広告やランディングページは外出先でも気軽に閲覧が出来る、広告内で紹介している商品を買う事が出来ますし、紹介しているサービスの登録や予約なども行える利便性を備えています。
スマートフォンの場合はパソコンよりも画面が小さいので、文字を大きく入れなければなりません。
しかし、文字を大きく入れると視野に入る面積が狭くなる、多くの文章を記載出来ないなどデメリットに感じる人も多いのではないでしょうか。
ランディングページにアクセスしたユーザーが最初に見る部分をファーストビューと呼びますが、売れるランディングページはこのファーストビューに制作のこだわりが詰め込まれています。

作成事例を見る事でファーストビューのプランニングも可能になります。
「ランディングページ集めました」のサイトにアクセスをすると作成事例としての資料を閲覧するのと同じ結果になります。
幅広い業種のランディングページが掲載してあるので、これからページ制作を行う時、自社と同じような業種だけではなく、異なる業種のファーストビューを比較して作り方などを学びましょう。